日給で働くということ

日給とは1日単位で賃金が支払われる場合使われる用語です。

日給で働くということ

日給という給与支払い形態で注意すべきこと

日給とは1日単位で賃金が支払われる場合使われる用語です。まず注意したいのは、日給と日払いとは別用語であるという点です。日払いとはその日その日で賃金が実際に支払われることですが、日給とは、給与がその日その日で計算されるということに過ぎません。日給は、一日の労働時間がその日によって異なる場合に適用されています。パートタイム労働に多い給与形態です。土木、建設、造園、サンプリング、引越し、ステージ設営業務などさまざまな仕事内容があります。

日給の仕事で次に注意したい点は、一日単位のものとはいっても、時間単位での日給額など大切な点は就業規則や雇用契約書に記載されているので、しっかりと確認しておくことが大切です。もちろん日払いなどの支払い形態に関してもこれらの重要書類に記載されているので目を通しておくことが大切です。また、日給の仕事では、仕事が当初決められた時間よりも早く仕上ってしまうこともよくあります。そうなると、時間に合わせて給与が減額されるのかといえば、通常は、減額されることは少ない。それは、会社側が請け負った仕事で、仕事の完成によって会社側に入ってくる請負代金が予め決まっているからです。それをもとにして、予め日給計算できるわけです。

Copyright 2017 日給で働くということ All Rights Reserved.